ロッテがビックリマンを売る気がないと思う理由

ビックリマンの悪魔VS天使シリーズから購入しているおっさんですが、公式Twitterを見ているとロッテがビックリマンを売る気がないんだろうな・・・とつくづく思います。

そこで、ロッテがビックリマンを売る気がない理由をピックアップしてみました。


公式Twitterの使い方



ビックリマンには公式のTwitterが登場しましたが、ツイートしている内容は野球選手がなんたら、漫画家さんがなんたら、完全に素人のツイートです。

ほかの企業を見ればわかりますが、新商品は必ずツイートしています。

それなのに、ビックリマンの公式Twitterは新発売のツイートがありません・・・。

33弾スーパーゼウス.jpg

先日発売されたぼくらのビックリマン、コラボ商品、限定商品、ビックリマンの派生を考えたらいくらでもツイートがあるはずなのに、ほとんど更新されません。

ツイートされたと思ったら野球選手がどうだの、漫画家さんがどうだの、そんなのビックリマンファンが知ってそれほどお得ではありません。

裏ビックリマン主なヘッド.jpg

それならファミマ限定のビックリマン、北斗の拳、ワンピースなど新商品に関してつぶやいたらどうなんでしょうか?

イオン限定の裏ビックリマンなんかもネットで知りましたからね・・・・。

また、公式サイトを更新したというツイートでも十分だと思いますが、ファンが自分からアクセスしないと知ることができません・・・。

このように、ビックリマンの担当がそもそもビックリマンを売る気がないのでしょう。

作れば売れるだろうという感じなのでしょうか?

それにしてはスーパーなどで売り切りされていたり、前回のシリーズが売れ残ったり・・・現状を知った方が良いと思います。


シールのラインナップ



ぼくらのビックリマンを見ても、ナニコレ感が否めないシールのラインナップです。

ただのスーパーゼウスを使ったクソシールです。

スーパーゼウス800.jpg

それだったら100円でキラのバリエーションを増やしたスーパーゼウスシールの方がよっぽどファンは喜びますよ・・・。

赤キラ、青キラ、黒キラ、その方が断然うれしいです。

ぼくらのビックリマンの中でも当時見ていた漫画家さんが書いたシールならまだしも、関係のない方が書いているスーパーゼウスにそんなに魅力を感じませんよ・・・。


最後に



ビックリマンファンだからこそ、ファンが喜ぶものが欲しいです。

また、Twitterをせっかく作ったのだから、ファンがいち早くほしい情報を発信して欲しいものです・・・。

現状だとどこを見てビックリマンを作っているのか全く理解不明です。



この記事へのコメント